油っぽいメロの感想 評判が気になる!あらすじも

スポンサーリンク
スポンサーリンク

未だかつてない不思議な題名のドラマ『油っぽいメロ』

2PMジュノの代表作と言えるほど面白くキュンキュンが
たくさんのみどころやあらすじを紹介していきます。

 

スポンサーリンク

油っぽいメロのキャストは?注目はこの人!

イ・ジュノ

1990年1月25日生まれ。

韓国で有名なグループ2PMのメンバーで活躍している。
『記憶』『むやみに切なく』『キム課長』に出演し俳優としても活躍中。

『油っぽいメロ』では一流中華料理店で働くトップシェフだが色々な災難に巻き込まれ潰れかけの中華料理屋で働く羽目になってしまったソ・プンを演じている。

チョン・リョウォン

1981年1月21日生まれ。

『私の名前はキム・サムスン』『君はどの星から来たの』『魔女の法廷』とヒット作に出演している。
英語が流暢で人気のある女優。

『油っぽいメロ』では明るく優しく真の強い元令嬢のタン・セウを演じている。

チャン・ヒョク

1976年12月20日生まれ。

『ありがとうございます』『推奴』『運命のように君を愛してる』
『ビューティフル・マインド~愛が起こした奇跡~』
数々のドラマに出演している演技派の俳優。

『油っぽいメロ』ではセウに一目惚れをしてしまう心優しい元ヤクザの
ドゥ・チルソンを演じている。

油っぽいメロの視聴率と評判は?

平均視聴率は6.38%でした。
最高視聴率は9.3%です。

中華料理を舞台にドラマが展開していくため、数々の料理が登場し
「美味しそう」と評判を呼んでいます。

料理だけでなくプンとセウのラブラブな絡みやプンのセウに対する
愛情表現が視聴者をキュンキュンさせました。
プンを演じたジュノは「ロマンスの達人」とまで呼ばれ人気がでました。

ドラマの面白さが視聴率に反映はしなかったものの、『油っぽいメロ』は
面白いと話題を呼び最新作にも関わらず日本で放映されることが決定しています。




油っぽいメロのあらすじ

結婚を控えウキウキのセウ。
何不自由なく暮らし幸せの絶頂のセウでした。

しかしセウの父親が突然、逮捕されてしまいます。
父親の逮捕を知りショックを受けるセウです。

セウたち残された家族は父親の逮捕によって破産してしまい無一文になってしまいました。

そんなセウに追い打ちをかけるかのように家族同然の愛馬が病気になってしまい余命宣告を受ける事態。

度重なる辛い事実にセウはどうしていいか分からず、自殺を考え漢江へと向かいました。

そこに偶然いたプンと出会います。

プンはジャージャー麺を作ってあげると言いチルソンが経営する中華料理店へセウを連れていくことにします。

プン、セウ、チルソンは偶然が重なり運命的に出会いを繰り返しています。

セウは結婚相手が実は浮気をしていて、浮気相手と結婚の約束をしていると聞かされてしまいます。
心が折れてしまうセウ。

そんな場面に、またも偶然居合わせるプン。

プンも実はホテルに入る超一流中華料理店のトップシェフでした。
しかし、プンの結婚相手も浮気をしていて浮気相手がホテルのオーナーだったのです。
職場を追い出されてしまったプン。

似たような境遇におかれたプンとセウは心を通わせるようになり、、、

チルソンが経営する中華料理店で働くことになったプンとセウ。

プンは兄貴と慕うチルソンがセウに一目惚れし恋愛感情があると知ってしまいます。

天真爛漫なセウに好意を寄せるチルソンと好意を抱いてしまうプン。

さて、3人はこれからどうなっていくのでしょうか?!

油っぽいメロのネタバレ&見終わっての感想

最初は嫌な人たちがたくさん登場してイライラが止まりませんでした。
世の中こんなに嫌な人いる??って感じです。

しかし、プンとセウが出会えたのは嫌な人たちのおかげ!!と
思うとなんだか許せます。

物語自体はただのラブだけでなく料理が入り混じっているので、
料理対決でハラハラしたりと飽きない内容になっていました。

私がおススメしたいシーンはセウが低体温症になってしまうところですね。
チルソンに恨みをもつ男がチルソンの店に襲撃に入ってきます。
チルソンは負傷してしまいますが愛するセウを必死に守ります。
二人は冷蔵室へ逃げ込みます。

チルソンは病院へ運ばれ緊急手術。

セウは冷蔵室に居たせいで低体温になり倒れてしまいます。
急いで処置室に運ぶプン。

看護師がこのまま低体温が続くと命が危ないとプンに伝えます。

プンはセウが寝ているベットに入り抱きしめて温めます。

プンの毎日中華鍋を振る腕がたまらなくかっこいいです。
その腕で抱きしめられるセウ、、

そして料理人の繊細な指先。
そんな手でさすられるセウ、、、

きゃーー!!と叫びたくなりました!!

もちろんですが、プン演じるジュノは料理人ではありませんが料理人にぴったりの体つきです。

そんなところも要チェックです。

とにかく、胸キュンシーンが圧倒的に多いです。
火が燃え盛るような中華料理と同じくらいアツアツです。
キスシーンも熱烈でした。

しかし、プンとセウがいやらしさを感じさせません。
可愛らしい風貌だからでしょうか?

それにしても、プンの可愛らしい風貌からは考えられないほど仕事に厳しいです。
その厳しさのせいで時には反感をかってしまいます。
そんなプンがセウにメロメロです。
厳しいプンがセウに優しくしたりイチャイチャしたりすると何倍も胸キュンですね。

そして、チルソン!!
もしかしたら、チルソン派の方が多いかもしれないですね。
それほど大人で優しい!!そしてかっこいい!!
本当に元ヤクザだったの?って感じです。

プンとチルソンが二人でコーヒーを飲むシーンがあります。
チルソンはプンに自分の気持ちを正直に話します。
セウのことが好きなこと。前科がある自分に対して普通に接してくれること。なにより可愛い。と、、、

本当にチルソンは自分の気持ちに正直です。
なにより純粋でまっすぐですよね。

そんなチルソンとは逆にプンはセウの悪口を言ってしまいます。
チルソンとは対照的にすごく子供っぽいなと思ってしまいました。

自分の気持ちに嘘をついたプン。
それはチルソンにもセウにも失礼なことです。

しかし!!チルソンのことを思いセウを諦めようとしたプンですが、
どうしてもセウに想いが募るプン。
そんなところはかっこいいプン!!

内緒で付き合うことにするプンとセウです。
すぐにチルソンにバレてしまいます。

普通は激怒しますよね??
チルソン、、、見て見ぬフリをしてくれます。
優しすぎます。
チルソンの優しさはまだつづきます。
セウのお父さんの無実を証明して釈放させてくれたり、プンが追い出されたホテルの経営者になってプンがいた一流中華料理店に戻してあげたり。
縁の下の力持ち状態ですね。

ぜひチルソンの魅力を楽しんでいただきたいです。

あなたはプン派?それともチルソン派?

まとめ

セウ演じるチョン・リョウォンが大好きです。
『私の名前はキム・サムスン』や『君はどの星から来たの』で
困難がありながらも明るく前向きに生きるという役が多いです。
今回の『油っぽいメロ』でも天真爛漫な天然キャラでしたが、
真が強く前向きな役でしたね。

セウが前向きになれたきっかけのフォーチュンクッキー。
逮捕されたお父さんに見せたフォーチュンクッキーのメッセージに涙でした。

観ていて元気がもらえたドラマでした。

私が知っている限りでは2PMのジュノはドラマで主役を
やるのは初めてではないでしょうか?
このドラマを観てジュノのファンが確実に増えたと思います。
それほどジュノの魅力が引き出されているドラマです。

このドラマは素敵なキャストが多数出演していますが、注目のキャストがいます!!
それは、、、お馬さん!!
可愛いです。おとなしい。
お馬さんってこんなに可愛いの??

可愛らしさと情熱が詰まっている『油っぽいメロ』素敵なドラマでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました