布袋寅泰 変異種感染も 帰国で帰ってくるなの声に空気が読めない発言

スポンサーリンク
スポンサーリンク

布袋寅泰さんがイギリスロンドンから日本に帰国し
今ネットがざわついています
そう、日本でも今感染者が見つかっているコロナの変異種が
イギリスを中心にして世界中に蔓延してるから

日本では1000人を超す勢いのコロナ感染者数が今出てるだけに
布袋寅泰さんの帰国は歓迎されていないようです

今回は【布袋寅泰 変異種感染も 帰国で帰ってくるなの声に空気が読めない発言 】と
題してお届けしたいと思います

関連記事

布袋寅泰 帰国で娘 愛紗も一緒?コロナ変異種感染と今井美樹は大丈夫?
現在、日本でも新型コロナにより甚大な被害が拡大しています変異種の感染者が日本でも見つかりそのタイミングでまさかの布袋寅泰さんが日本への帰国ネットでは様々な声がある一方、娘さんや奥さんの今井美樹さんは大丈夫?との声も関連記事...
スポンサーリンク

布袋寅泰がイギリスロンドンに行った理由は

そもそもなぜ布袋寅泰さんは長期にわたりイギリスロンドンで
暮らしていたのか?ですが

布袋寅泰(50才)が5月8日、自身のブログで、今年の夏に英国に移住することを発表した。妻である今井美樹(49才)も長女(9才)も一緒に住むという。
「美樹さんは、音楽の聖地・ロンドンでミュージシャンとして頑張ってみたいという布袋さんの強い思いを受け入れたんです。また、去年の震災で起きた福島の原発事故のこともあって、子供の安全を考え、英国行きを決断したそうです」

「海外移住する小さなお子さんを持つファミリー層が増えています。放射能の心配もあって、“海外脱出”をひとつの選択肢として考えているようです」

これは2012年5月の記事です

布袋寅泰さんはロンドンでミュージシャンとして頑張ってみたいという
気持ちと共に2011年におきた東北大震災の影響もあり
放射能が心配で日本から海外への移住を決意したようです

それから8年ちょいで今度はイギリスがコロナの変異種
ヤバいことになっている状況で日本への帰国

その理由は1月30日、31日に公開される日本武道館での
コンサートのためとの事

布袋寅泰さんは自身のインスタグラムでPCR検査を受け
2週間の自己隔離期間を経たといっていますが
偽陰性、疑陽性などの可能性は無いのでしょうか?

ネットでは日本から逃げたのに帰ってくるなよとの声が
多くあるようです




布袋寅泰  日本へ帰国 原発から逃げコロナから逃げ

布袋寅泰さんが日本へ帰国した理由は表面上1月に行われる
ライブのためのようですが、内心はイギリスが変異種によって
生活しにくくなってきてるから・・・

現在のところ布袋寅泰さんと娘さんも日本へ帰国したのか
明らかになっていません
今井美樹さんは日本で生活しています

感染リスクは無いのか?

今、日本中で時短営業、外出自粛、GOTO停止などコロナにより
ナーバスになってる中でよりによって変異種の可能性がある
イギリスのロンドンから帰国ってそりゃ日本人としては恐いですよね

布袋寅泰さんは好きなアーティストでしたが原発から逃げ
今度はコロナから逃げ全然ロックじゃないし「IMAGEDOWN」です




布袋 空気の嫁無いコメントに炎上

布袋寅泰さんは自身のインスタで

「先の見えない状況に迷い戸惑いながらも、少しでも多くの皆さんに音楽で
エールを送りたいという想いはすべてのアーチストの共通の願いです」と
書いています

この発言に対し空気が読めてないとのコメントもあり

ライブでクラスターとか起きたらどうするの?

ライブするなら無観客でやってよね

イギリスで需要内から日本へ稼ぎに来たんだろ
もう金が尽きたか?

日本から逃げてイギリスから逃げて布袋ってこんなに
ダサいやつだったっけ?

 

今井美樹とか娘も帰国してるの?感染とかしてないのかな?

今、日本では帰省も自粛してるのにあなたは
変異種の国から帰国ですか?

布袋さんの事大好きだったけど今、日本は
音楽どころじゃないんだよ

ライブが1月ってことだけど多分、感染者の数も

2000くらい行ってるでしょ

BOØWYCOMPLEXを解散させる。
山下久美子を捨てて今井美樹に走る。
高岡早紀と不倫。
怒った保坂尚輝に狙われて慌ててボディーガードを雇う。
原発事故が怖くてロンドンに逃げる。
コロナが怖くて日本に帰る。 布袋寅泰って究極にダサすぎる

まとめ

今回はロンドンから帰国した布袋寅泰さんの変異種感染の恐れ
帰ってくるなの声などについてまとめました
タイミング的に最悪な状況の日本
変異種の感染率は70%という驚異の数字に
誰もが恐れています

個人的に布袋寅泰さんは大好きなアーティストさんですが
今回のライブはどうか中止か無観客でお願いします

最後までお読みいただきありがとうございました。




コメント

タイトルとURLをコピーしました