スポンサーリンク

鈴木豊ニスモの病気と死因は何?経歴や顔画像 嫁や子供は

SUPER GTのNISMOチーム監督兼GT500車両開発チーフエンジニアの鈴木豊さん(鈴木豊儀さん)が亡くなったというニュースが入ってきました

かねて病気を患い闘病生活を送っていたと発表しています

享年56歳という若さでなくなった死因や病気の名前、経歴などについても調べていきます

スポンサーリンク

ニスモ鈴木豊の病気と死因は

ニスモ鈴木豊さんが亡くなったのは12月19日とのことです

近年病気を患い闘病生活を送ってい多様ですが病状が悪化してしまったのでしょうか?

死因についての発表については現在のところまだ公表されていませんが今年の8月に鈴鹿サーキットで鈴木豊さんを見かけたという投稿が2chにありました

鈴木豊監督かな?
ちらっと写ってたけどそんな感じに見えたがあれは病気で、って感じに見えた…

鈴木豊の病気は

鈴木豊さんの病気ですが50代ということもありさまざまな病状が予測されます

50代で多い病気としては

「がん」

「脳卒中」

「心筋こうそく」

などがあります

病気で入院した時期や手術などの情報はありませんが、サーキットで鈴木豊さんを見かけたファンによると病気の後遺症と思われるフシが見えていたとの情報もありました

スポンサーリンク

鈴木豊ニスモ 経歴と顔画像

鈴木豊さんの経歴についてですがWikiがないためプロフィールをまとめていきます

名前:鈴木豊

年齢:56歳

職業:ニスモレース部長、NISUMOチーム監督兼GT500車両チーフエンジニア

鈴木豊さんは大学名は不明ですが工学部出身で1990年にニスモに入社しています

今から31年ほど前なので24歳か25歳位でしょうか?

ニスモに入社後

入社直後、グループCレーシングカー「ニッサンR91CP」のサスペクション周りの開発を担当

その後、市販車ベースの国際レースのスーパーツーリングカーレース向け「スカイラインGT-R」「プリメーラ」、ワンメイレース車両「ザウルス」などを担当

1997年、ル・マン2時間耐久レースへの参加プロジェクトに加わり、提携先のイギリスのレース車両会社TWRに3年間出向

さらに、全日本ツーリングカー選手権(JTCC)の車両開発を担当

1998年のル・マン24時間レースでは、開発エンジニアとして、さらに32号車のトラックエンジニアとしてNissan R390 GT1の3位表彰台獲得に大きく貢献

2009年からはSUPER GTのNISMOチームの監督として指揮を執り、2014年・2015年にはシリーズ連覇を達成

スポンサーリンク

鈴木豊の嫁や子供は

鈴木豊さんのお嫁さんや子供についてですが年齢は56歳ということもありご家族があったのではと推測できます

顔画像を見てもイケメンです

葬儀などの情報はありませんが、闘病生活の末早すぎる死去

どうか安らかに、心よりご冥福をお祈りします

Twitterの反応は

https://twitter.com/Odenden0823/status/1472940349710802947?s=20

まとめ

鈴木豊さんについてまとめていきましたが情報を調べていくと本当に車が大好きで人間としてもすごく魅力的な人だったんだなと言うことがよくわかりました

56歳という若さで亡くなったこと。心よりお悔やみ申し上げます

タイトルとURLをコピーしました