スポンサーリンク

西澤弘太郎院長の年齢と経歴 スタッフの数とリワークプログラムとは

大阪府大阪市北区曽根崎新地1丁目の堂島北ビル4Fにある「西梅田こころとからだのクリニック」で起きた火災事故ですが放火のが原因ということが明らかになっています

「西梅田こころとからだのクリニック」では本日、多くの患者さんが来院しており西澤弘太郎院長やカウンセラーによる週に一度開かれる「リワークプログラム」の日だったようです

西澤弘太郎院長の年齢と経歴 スタッフの数とリワークプログラムとはについて調べていきます

スポンサーリンク

西澤弘太郎院長のプロフィールと経歴

現在も捜索が続いている西梅田こころとからだのクリニックで、院長をされている西澤弘太郎院長のプロフィールと経歴についてまとめました

  • 1997年埼玉医科大学卒業
  • 1997年近畿大学医学部第2内科入局
    (現 内分泌・代謝・糖尿病内科)
  • 2005年信貴山病院にて精神科医として勤務
  • 2011年西澤クリニック心療内科
  • 2014年西梅田こころとからだのクリニック 開院

[ 資格 ]

  • 精神保健指定医
  • 日本精神神経学会 精神科専門医
  • 日本医師会認定 産業医
  • 労働衛生コンサルタント

西澤弘太郎院長は医師として約20年診療に携わってきました

今まで内科医、精神科医、産業医の役割、また人間としてやってきたんだそうです

患者さんを見ていく中で発達障害や心に傷を持つ人が多く苦しみながら働いている事に気づき発達障害を診断できるように

産業医だったが、患者に発達障害の人が多く、苦しみながら働いていることに気づき、発達障害を診察するように。働きながらも来られるよう、夜間も診療できるようにしたという「西澤クリニック心療内科」「西梅田こころとからだのクリニック」を開院したそうです

西澤弘太郎院長の年齢ですが1973年生まれの48歳と経歴から推測できます

西梅田こころとからだのクリニックへ通っていた患者さんの評判も

「発達障害をみる大阪のクリニックでは有数、もしかしたら一番かもしれません。
先生は実直な方で、偉ぶらず、本当に腰の低い方です。
なぜ先生のクリニックなのかと思ってしまいます。」

一週間前に通院しましたよ。数ヶ月前に悩みがあったときに、後から西澤弘太郎先生がスマホに電話で安心してくださいよ。いわれたのが印象的です

過去に一時期通っていた時期があり、西澤先生にも大変お世話になりました。 どうかご無事で。。。

との声もありました。

スポンサーリンク

「西梅田こころとからだのクリニック」にいた病院スタッフは

放火事件があった時、「西梅田こころからクリニック」にいたのは西澤弘太郎院長と患者さんの他に、カウンセラーさんが1名と受付2名という情報があります

病院へは行列ができるほど患者さんが増えてて、リワークプログラムのあった事件当日は西澤弘太郎院長とカウンセラー、受付係を入れて30人ほどいたようです

西梅田こころとからだのクリニックで行われたリワークプログラムは院内の「リハビリなどで使用する部屋」で行われ火元は入口付近で上がり院長はじめ患者さん、カウンセラー、受付の人らは診察室の方へ非難したと思われます

スポンサーリンク

西梅田こころとからだのクリニック リワークプログラムとは

西梅田こころとからだのクリニックで行われていたリワークプログラムとは何なのでしょうか?

リワークは「return to work(リターン・トゥー・ワーク)」の略で復職を意味します。心に受けた傷や傷害などプログラムを通して回復を図り発症に至った考え方や行動の癖を見直し、ストレスへの対応力を改善する取り組みです

西梅田こころとからだのクリニックでは毎週金曜日、休日の日に行っていました

まとめ

西澤弘太郎院長の他、受付、カウンセラーなど病院スタッフの安否が気になります

院長の父親はマスコミの取材に対し「息子とは連絡が取れておらず、警察もわからないと言っている。どういう状態なのか一切わからないので、警察に聞いてほしい」と話しており大変心配されています

犯人逮捕と並行しどうか無事であることを心から祈ります

タイトルとURLをコピーしました