スポンサーリンク

柴田大輔の生い立ちと宮前愚連隊 見立真一と関東連合 他殺の可能性は

元関東連合の幹部だった柴田大輔が死亡したニュース。
宮前愚連隊の8代目総長として残虐な事件を起こしていた過去があるようです

今回は「柴田大輔の生い立ちと宮前愚連隊 見立真一と関東連合 他殺の可能性は」について調べていきます

スポンサーリンク

柴田大輔の生い立ち

柴田大輔の生い立ちについて見てきましょう

名前:柴田大輔(しばた だいすけ)

別名義:工藤明男(くどう あきお)

生年月日:1979年5月24日

年齢:42歳

出身地:東京都調布市

柴田大輔は日本人の父親と韓国人の母親を持つ2世のハーフ

比較的裕福な家庭で育ちますが両親の不仲が原因で非行の道に走る

暴走族の「宮前愚連隊」に入り、8代目総長になる

宮前愚連隊で8代目総長をしているときに
現在全国指名手配中の見立真一をはじめ
石元太一、松嶋クロス、瓜田純士さんらと出会う

関東連合の主要メンバーや、有名な不良グループとつながりを持つようになります

スポンサーリンク

柴田大輔が宮前愚連隊の総長になってから残虐かが進む

宮川愚連隊は杉並区を拠点にしていた暴走族グループでそこまで凶悪な事はしていませんでした

しかし柴田大輔が8代目総長となってからはヤクザ顔負けの残虐さで凶悪な事件を複数起こしていたようです

宮前愚連隊とは杉並区を拠点に活動をしていた暴走族で、久我山狂乱恋命という団体をルーツに持ちます。
元は関係のない人間にまで暴力を振るうほど問題の多い団体ではなかったのですが、柴田大輔が8代目総長に就任してからは一変して、ヤクザ顔負けの残虐さで殺人事件まで起こすようになりました。
また小池幹士や見立真一といった関東連合の中心人物とも交流があったことから、関東連合の友好組織として位置づけられています。

スポンサーリンク

見立真一と柴田大輔の関係 関東連合とは?

そもそも関東連合とは何なのか見ていきましょう

関東連合はもともと世田谷区や杉並区に住む不良少年裏側1973年ごろに結成したグループのことです

国内で最大勢力を持つと言われている暴走族の連合体だったようですが、事件を起こし逮捕されるメンバーが増えるにつれ徐々に弱体化していきました

弱体化した関東連合を立て直したのが現在指名手配中の見立真一と言われています

関東連合は、世田谷区や杉並区の不良少年たちを中心に1973年ごろ結成された半グレ集団で、国内最大勢力の暴走族連合体でした。

1980年代の中頃から1990年代にかけて、主要メンバーの逮捕などにより弱体化していましたが、立て直したのが見立真一だといわれています

柴田大輔 他殺の可能性は

半グレ集団『関東連合』元リーダーの柴田大輔が自宅で精神安定剤を飲み亡くなっていたニュースに自殺ではなく他殺なのでは?との声があるようです

工藤明男こと柴田大輔はほんの数日前までいつものようにツイッターで馬鹿な事を呟いてたとの声も

https://twitter.com/osamuracing01/status/1465723848242855940?s=20

 

タイトルとURLをコピーしました