スポンサーリンク

柴田大輔 現在の顔画像 死因と経歴 関東連合で逮捕歴や事件

元関東連合のリーダーだった柴田大輔が死亡したというニュースが入ってきました

柴田大輔は自宅で精神安定剤を飲み亡くなっていたとのことですが現在の顔画像や経歴などについて見ていきましょう

スポンサーリンク

柴田大輔の現在 死因は?

”半グレ集団”『関東連合』の元リーダー・柴田大輔氏が亡くなったことがわかった。複数の関係者が明かしたところによると、亡くなったのは11月28日だという。 「亡くなった当日、柴田さんの会社の関係者が、連絡が取れないことを心配して、柴田さんの自宅を訪れたことで発覚しました。柴田さんは精神安定剤を服用していて、衝動的に自分で自分の身体を刃物で切りつけたのでは、と聞いています。葬儀は親族の意向で都内で行われる予定だそうです」(柴田氏の知人)

亡くなった柴田大輔は2013年頃に宝島社から「工藤明男」の名で出版した『いびつな絆 関東連合の真実』で『六本木クラブ襲撃事件』の内幕や関東連合の歴史などを書き27万部を売り上げベストセラーとなりました

しかしこの本の出版により関東連合の怒りを買い脅しを受けていたとのこと

柴田大輔は自宅で亡くなっていたようですが六本木クラブ襲撃事件で逮捕されたメンバーの一部が刑務所から出てくるタイミングで、死因は本当に自殺だったのか?

との声も上がっているようです

スポンサーリンク

柴田大輔の経歴

柴田大輔は小学3年生の時に杉並区西荻窪に引っ越し

柴田大輔の家庭は貧困家庭というわけではなく両親の夫婦仲が悪いことが原因でグレ始めます

不良の道に入った柴田大輔は暴走族「宮前愚連隊」に入って8代目総長へ

同じ時期に

  • 第22代目永福ブラックエンペラー総長だった見立真一
  • 関東連合の中心メンバーだった石元太一、松嶋クロス
  • 東京界隈で有名であるアウトローの瓜田純士

らと出会います

柴田大輔の逮捕歴は14歳のときに事件を起こし少年院に入ったのが始まりです

8ヶ月後少年院から出所すると関東連合の中心メンバーとなり幹部へとのし上がります

スポンサーリンク

柴田大輔の関東連合での逮捕歴や事件

関東圏を縄張りに暴走族「宮前愚連隊」「ブラックエンペラー」「マッドスペシャル」などが連合を組んだ関東連合は財力をつけ準暴力団的な半グレ集団として組織を広げます

2000年におきた大田区池上3丁目のボウリング場「トーヨーボール殺人事件

ボウリング場でダンスの練習をしていた当時18歳の少年らが関東連合と間違えらた凄惨な事件でした

この主犯格が柴田大輔と言われており当時20歳です

柴田大輔は8ヶ月間麻布署の留置所に入ってましたが事件には関与していないと主張しています

当時の関東連合の中心的人物の一人。柴田大輔は自著『聖域』で本事件について触れている。襲撃の直前まで犯行グループと一緒にいたことを認めているが、「この日の僕は、なぜか襲撃に参加することをためらった」「何か言葉にできない強い“枷”が僕の中に働いた」「見立真一から『柴田も、もちろん見に行くでしょ?』と聞かれたり、石元太一から『柴田君も付いてきてください』と一言でも誘われたら参加していた」と語り、ネット上では「柴田が主犯格の一人」というのが既成事実となっているものの、本事件には関わっていないことを強く主張している。

引用:Yourpedia – 東洋ボール殺人事件

タイトルとURLをコピーしました