宮迫博之の焼き肉屋「牛宮城」が破産で終了 家賃が新卒年収以上って

スポンサーリンク

宮迫博之さんがプロデュースする焼肉屋「牛宮城」のオープンが無期延期になり破産するのではとの報道が出ています

宮迫博之さんとヒカルさんの小競り合いはユーチューブでも話題となりましたよね

宮迫さんとの焼肉屋について

最初は牛宮城を話題にするためのプロモーション、話題作りとの噂がありましたがかなりガチでやばい状況になっているようです

ヒカルさんと宮迫博之が牛宮城で試食する動画内では肉の品質から味に至るまでこれでもかというくらい不味い、美味しくないの連発!

今回は「宮迫博之の焼き肉屋「牛宮城」が破産 家賃が新卒の年収以上」について調べていきます

スポンサーリンク

宮迫博之の焼き肉屋「牛宮城」の家賃が300万以上で破産 

宮迫博之さんとヒカルさんによってオープン間近だった焼肉屋「牛宮城」。金に糸目はつけないくらいの超高級な店がオープンし話題になると思っていましたが、まさかの開店無期延期という自体に

宮迫博之の焼き肉屋「牛宮城」の家賃

牛宮城は渋谷区の一等地にあり報道では家賃が月に300万円以上するとあります

月に300万円が何もしなくても消えてくっていくらトップユーチューバーでもかなりの痛手です

当然ですが店も賃貸で借りており家賃は今も発生ししている状況。「すいません、焼肉屋のオープン延期になっちゃったんで解約さしてください」なんてことはできません

なので店は営業しなくても「牛宮城」の家賃や光熱費など諸々は支払っていかなくてはなりません

2年更新だとしたら1年で3300万円、2年で6600万円を払うことになります。これはあくまで最低の金額なのでその他諸々でこれ以上は行くでしょう

「『牛宮城』がある場所は東京・渋谷のセンター街という一等地にあるビル5階。渋谷の中でも目立つ外観をしている。これらを考えると、家賃は月300万円はするでしょうね」(前同)
家賃だけでなく、準備のための人件費や光熱費、材料費などもかかり、合計すると1か月の経費は300万円ではとてもきかない。「早急に手を打たなければ、あっという間に負債は大きくなる。このままだとプロジェクト自体が破綻してしまうことは目に見えている」

スポンサーリンク

宮迫博之の無責任さが露呈 人任せにしすぎ

そもそも焼肉屋をプロデュースしたいと言ったのは宮迫博之さんです。ヒカルさんの協力の元、やってきましたがかなり杜撰な結果に

①肉の品質が最悪

ヒカルさんが抜き打ちでチェックした牛宮城の肉の味ですが品質管理が全くできていない状況だったようです

ユーチューブでもバンバンに宣伝していましたしヒカルさんが共同で手掛けたと合って有名ユーチューバーはもちろん芸能人や著名人も多く訪れるお店になるものと思っていました

しかし肝心の肉が不味ければ全く意味がありません

②宮迫博之が人任せにしすぎ

肉の品質から食器に至るまで、人任せにしすぎとヒカルさんは批判しました

飲食店の経営は話題性だけでは短命で終わることを知っているヒカルさん。それに対し宮迫博之さんは信頼できる人物に任せておけば有名店になって儲かると思っていたのかもしれませんね

宮迫博之の焼き肉屋「牛宮城」が破産にネットの反応は

タイトルとURLをコピーしました