柳家小三治 死因とマネージャーが美人すぎる

スポンサーリンク

人間国宝の柳家小三治さんが10月7日になくなったというニュースが入ってきました

柳家小三治さんは今年3月に入院していましたが24日には東京都内で「柳家小三治落語会」を開催されていました

柳家小三治さんの死因は何だったのか?マネージャーについて調べていきます

スポンサーリンク

柳家小三治の死因は?

柳家小三治さんは享年81さいでなくなりました。死因は心不全とのことです

柳家小三治さんは今年の3月に腎機能の治療のため入院をし退院後も治療とリハビリを続けていたようです

柳家小三治さんは長年リウマチを患い、17年には頸椎(けいつい)を手術していました

落語家・柳家小三治(本名・郡山剛蔵=こおりやま・たけぞう)さんが7日、心不全のため亡くなっていたことが10日、分かった。81歳だった。2014年に落語家としては師匠の5代目・柳家小さん、上方の桂米朝に続く3人目の人間国宝の認定を受け、15年の米朝亡き後は唯一の存在として、“名人芸”を披露していた小三治さんが天国へと旅立った。

スポンサーリンク

柳家小三治のプロフィール

名前:柳家小三治

本名:郡山剛蔵

生年月日:1939年12月17日

出身:東京都新宿

柳家小三治さんは東京都立青山高等学校を卒業後、1959年に5代目・柳家小さんに入門します。

前座時代は「小たけ」という名前でした

柳家小さんに入門してから4年後の1963年に二つ目昇進し、さん治に改名

1963年には7人抜きの抜擢で真打昇進し10代目柳家小三治を襲名

当時から天才肌と言われていた柳家小三治さんは寄席や独演会をすると「チケットの取れない落語家」として大人気だったそうです

1976年 – 放送演芸大賞受賞
1979年 – 落語協会理事就任
1981年 – 芸術選奨文部大臣新人賞受賞
2004年 – 芸術選奨文部科学大臣賞受賞
2005年4月 – 紫綬褒章受章
2005年6月 – 新宿末廣亭6月下席夜の部において、東京やなぎ句会同人の小沢昭一をヒザ前に顔付けした(主任は小三治)
2009年 – ドキュメンタリー映画『小三治』(監督:康宇政)公開。
2010年6月 – 落語協会会長就任
2014年5月 – 旭日小綬章受章
2014年6月 – 落語協会会長を勇退し、顧問就任
2014年10月 – 重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定
2015年 – 第56回毎日芸術賞受賞。
2015年3月 – 新宿区名誉区民に選定される

引用:Wiki 

柳家小三治のマネージャーが美人だった

なんかすごくいい写真ですね

柳家小三治さんのマネージャーを務めるのが「みぃみ」さんという女性

柳家小三治さんが所属している事務所の代表をされている女性のようですが美人です

柳家小三治さんを心配そうにそっと見つめるマネージャーのみぃみさんとお弟子さん

師匠は集中しているのでしょうか?

柳家小三治さんの息子さんも落語家のようです。名前を柳家三三と言うそうです

お父さんが偉大すぎてプレッシャに感じるかもしれませんがマネージャー兼事務所の代表のみぃみさんと活躍してほしいものです

まとめ

今回は柳家小三治さんの死因とマネージャーについて調べてきました

81歳という高齢で2ヶ月前には落語会を行っていたのに残念でなりません

マネージャーのみぃみさんのツイッターを見て娘のようなそんな印象を受けてしまいますし今後は息子の柳家三三さんの活躍に期待しましょう

タイトルとURLをコピーしました