加藤雄三 顔画像 北畑雅史の経営する版画工房はどこ?

スポンサーリンク

日本画の巨匠、平山郁夫(ひらやまいくお)らの偽作など流通させ著作権法違反の容疑で加藤雄三という男が逮捕されました

加藤雄三は元画商で共犯の版画工房経営者、北畑雅史容疑者と手を組み6億2千万円もの金を偽作で売り上げていようです

今回は加藤雄三の顔画像と共犯の北畑雅史の経営する版画工房について調べていきます

スポンサーリンク

加藤雄三が逮捕された事件

日本画の巨匠、平山郁夫(ひらやまいくお)らの偽版画が流通した問題で、警視庁生活経済課と築地署は27日、著作権法違反の疑いで、大阪府池田市の元画商、加藤雄三容疑者(53)と奈良県大和郡山市の版画工房経営者、北畑雅史容疑者(67)を逮捕した。警視庁は加藤容疑者の所有する金融機関の口座などに計約6億2千万円が入っていることを確認。偽作の売り上げが含まれているとみて調べを進める。

加藤雄三が依頼を受け、北畑雅史が自身の工房で偽版画を制作。遺族の許諾なく有名作家の作品を偽作しそれを販売し金を得ていたようです。その額はなんと6億2千万円。驚きの金額ですね

2人は著作権法違反の容疑で逮捕されていますが警察の調べに対し「金に困っていた。」などと供述しているようです

スポンサーリンク

加藤雄三と北畑雅史の顔画像

加藤雄三と北畑雅史の顔画像は全国のニュースで公表されています

2人のFacebookアカウントは見つかりませんでした

北畑雅史の版画工房の名前や場所はどこ

北畑雅史が経営する版画工房は(株)版画工房プレスアヘッドです

住所:奈良県大和郡山市柳6-18

●リトグラフ制作ー新作リトグラフの制作。
●古版画修復ー版種を問わず、紙やけ洗い、染み抜き、色差し
破損修復、その他版画のクリーニング。
●スクリーン版画制作ー新作スクリーン版画の制作。
●絵画修復(油絵、日本画、水彩画、色紙等)

加藤雄三について

名前:加藤雄三

年齢:53歳

住所:大阪府池田市

職業:元画商

容疑:著作権法違反

逮捕された加藤雄三は現在53歳の大阪池田市に住む元画商の男。北畑雅史と共謀し著作権法違反の容疑で逮捕されています

起訴され有罪となった場合、法人などが著作権等を侵害した場合は、3億円以下の罰金となります

また刑事罰以外にも民事での訴訟が予想されるので賠償金額は多額になるでしょう

ネットの反応は

もともと版画系は胡散臭い販売が結構あったけど、デパートに出品してたら騙されるのも仕方ないかも。掲示してあるのは本物にして、偽物を売りつけるとかもできるし。
それにしてもこの贋作製作者悪びれないですね。
なんでも鑑定団を見てると『素人が自分の目利きで買った美術品』と『借金のカタに預かった美術品』は偽物と相場が決まっているデパートの催事で販売していたなら、それを信用した小金持ちが購入してしまうので罪深い
これは明らかにグルなってた確信犯でしょう。でなきゃこれだけの数を、額を稼いだりスムーズに出せません。私の趣味分野はとある方の陶器。同じ人が同じ釜で焼けば同じような表面粒が出てきます。偽物はその粒模様が全然違う。
百貨店で出店したから信じた人も多いんだろうな、自治体の施設でも怪しげな業者が販売会行って激安商品に釣られた老人が高額商品買わされたりしてるし、施設管理者にも出店者の身元確認させ責任の一端を負わせるべき
タイトルとURLをコピーしました