花森弘卓 自宅住所が判明で家が豪邸すぎる 裕福な家庭での母親への暴力事件とは?

スポンサーリンク

大学時代の後輩である22歳の男性会社員に硫酸をかけたとして逮捕された花森弘卓容疑者

花森弘卓は自宅から硫酸を持ち東京都港区の白金高輪駅へ行き犯行後、静岡市葵区にある自宅へ戻り沖縄に逃げていたことが明らかになっています

花森弘卓の自宅(家)は一人暮らしのアパートとかではなく立派な一軒家で豪邸に住んでいることが明らかになっています

花森弘卓の家とはどんな豪邸なのか?自宅住所や家で暴力事件などについて調べていきます

スポンサーリンク

花森弘卓の自宅は住所と家が豪邸すぎた

花森弘卓が逮捕され、自宅には多くのマスコミや警察、野次馬が多くいるようです

花森弘卓の自宅住所は静岡市葵区2丁目3-1ということが明らかになっています

 

グーグルマップで調べてみると家がすごく豪邸で

この家に一人で住んでたのか?
どんな金持ちだよ

との声が上がっているようです

スポンサーリンク

花森家は裕福だった

花森弘卓の両親は病気で亡くなっていますがかなり裕福な生活をしていたようです

父親は開業医をしており高齢で生まれた一人息子の花森弘卓は大事に甘やかされて育ったようです

母親も花森弘卓に対し怒ることはほとんどなかったのでしょう

裕福な暮らしをしていた花森弘卓ですが高校生の時に父親が病気で亡くなると静岡で母親と二人暮らし始めます

花森家で起きていた母親の首を絞める暴力事件

花森弘卓の母親は中国人の血を引く女性でとても綺麗だったと近所でも有名だったようです

幼い頃から何不自由なく暮らしてきた花森弘卓ですが父親の死後、高校時代は母親へ暴力をふるっていたことが明らかになっています

母親の背中を後ろから蹴り倒し馬乗りになり殴りかかろうとしていたところを自宅近所の人が目撃してたようなんです

「彼が高校生くらいの頃だったでしょうか。昼間に、家の前の道路の真ん中で花森がお母さんに馬乗りになって首元を掴んでいるのを目撃したんです。今にもお母さんを殴りそうな雰囲気が衝撃的で、今でも鮮明に覚えています。私の姿を見るとバツが悪そうに家の中に入っていきましたが、誰かが通りかからなかったらどうなっていたんでしょうか……」

引用:週刊文春

家の道路の真ん中で母親を押し倒し馬乗りになっていたなんてすごい状況ですね

小さい頃から裕福な暮らしをしてきたおかげで自制できなくなっていたのでしょうか?

最新の情報では年下にタメ口を聞かれただけでキレたり、かなり変わった人間だったことが大学時代の知人らの証言で明らかになっています

家の近所での評判

とは言え、花森弘卓の評判は高校や大学の知人の証言とは対照的に家の近所に住む住人の評判は良かったようです

花森弘卓は近所住人には挨拶をする爽やかな青年という印象を持たれていたようです

行きつけの喫茶店では

 

アメリカのコーヒー豆を友達に貰ったからと持ってきてくれた

普段無口だった彼が育てていたカブトムシが2万円で売れたんです!と嬉しそうに話してくれた

日本では自分のスキルや知識を活かせないから海外でやりたいと夢を語っていた

と話しています

花森弘卓の2面姓を感じる証言ですが心には闇を持っているようにとらえる声もあります

最新情報では「おい、花森」と22歳会社員男性に言われたことに腹を立て硫酸をかけたとの報道も

もしこれが本当なら、「たったそんなことで・・・」と思えてなりません

まとめ

今回は花森弘卓の自宅や家の画像、裕福な暮らしなどについて調べてきました

母親への暴力行為にも驚きましたが、被害男性への犯行動機が呼び捨てで呼ばれただけならかなり自制心がないようにも思えてきます

今後も、花森弘卓に関しての情報は出てくると思うのでわかり次第記事を追加していきます

タイトルとURLをコピーしました