花森弘卓 硫酸の入手ルートと葵区の自宅 被害男性への恨み、怨念がヤバい

スポンサーリンク

東京メトロの地下鉄白金高輪駅の構内で22歳の会社員の男性がクロづくめの男に硫酸をかけられて重傷を負った事件。

全国に指名手配されているのは25歳の花森弘卓容疑者です

硫酸を使うなど22歳の被害男性への恨みや怨念はかなり深いのでは?との声もありそもそも硫酸ってどこで入手したの?との疑問がわいてきます

今回は花森弘卓の硫酸の入手ルート、葵区の自宅・恨みや怨念について調べていきます

花森弘卓の葵区の自宅と恨みとは

東京メトロ白金高輪駅で22歳の会社員男性に硫酸をかけ逃走した犯人。その男の顔画像が防犯カメラなどの映像をもとに公表されてました

警察の調べでは花森弘卓は、東京メトロでの硫酸事件の前から22歳の被害者男性の会社の周りを徘徊していたということです

花森弘卓の自宅は静岡市葵区で22歳の被害者男性の勤務先は東京都心にあります

花森弘卓が起こした今回の事件ですがかなり計画的な犯行のようですし、帰宅ルートや時間を念入りに調べていた可能性もありそうです

花森弘卓の恨みとは

花森弘卓の行動から22歳の被害者男性に相当な恨み、怨念を持っていることが明らかになってきています

その特徴として

・念入な22歳男性の行動パターンの把握

・硫酸を使い傷を残す(一生傷が残る)

・硫酸を顔からかけ失明の危険も

などでしょうか?

報道によると22歳の被害男性は硫酸が両目に入り重症との事

花森弘卓がどんな恨みを持っていたかは現在分かっていませんがそもそも硫酸はどうやって入手したのでしょうか

スポンサーリンク

硫酸の入手ルートや方法は

花森弘卓が犯行で使った硫酸は劇薬で素人では手に入らないと思っていましたがそうでもないみたいです

硫酸の特徴

 

まず硫酸の特徴ですが

・劇物・劇毒物に指定される危険な物

・皮膚につくと溶けだし炎症を起こす

・硫酸が皮膚につき短時間放置しただけでやけどの状態になる

との事です

硫酸の入手ルート

花森弘卓がなぜ硫酸を入手できたかですが一説には国立大学に通っていた関係で知識があったとの噂もあるようです

ですが実際のところ、硫酸は多くの人が薬局などで購入できる可能性があると名古屋大学工学研究科・石原一彰教授は話します

「薬局によっては必ずしも、そういったことが守られていない。非常に安価なもの。そういう意味では、事実上、誰でも購入できるということ。きちっとルールにのっとって、販売してもらえればいい」

※これは朝の情報番組モーニングショー内で発言されていました

もしこれが本当ならかなり恐いことですね

花森弘卓が国立大学に通っていたという噂が本当なら硫酸は簡単に入手できると最初から知っていた可能性もありそうです

花森弘卓の特徴と目撃情報・逃走ルートは

名前:花森弘卓
年齢:25歳
住所:静岡市葵区
職業:不詳
身長:170cm
体格:小太り気味

花森弘卓の目撃情報や逃走ルートですが警察の調べによると、東京メトロの白金高輪駅で22歳の男性に硫酸をなげかけた後、新幹線に乗ったという情報があります

スポンサーリンク

花森弘卓 静岡市葵区の自宅は実家なの

花森弘卓は静岡市の葵区に戻ったとの事

花森弘卓容疑者は静岡県静岡市葵区で一人暮らしをしているとの事ですが実家の可能性が高いようです

実家暮らしはあるけれど両親や兄弟はおらず逃走用の着替えや現金を取りに行った可能性もあるかもしれませんね

既に花森弘卓の葵区の自宅は家宅捜索が行われており証拠になるものなどは全て警察に押収されているとの事です

近所に住む女性の話によると花森弘卓の両親2人とも病気で亡くなっており立派な一軒家に一人で住んでいたとの事

昆虫の研究をしていたとの話もあるようです

まとめ

今回は花森弘卓がどうやって硫酸を入手したのか?静岡市葵区の自宅や被害男性への恨み、怨念について調べてきました。

花森弘卓は犯行後、静岡市葵区に戻り現在どこにいるのか?逃走ルートが気奈なります

また被害男性にどんな恨みを持っていたのか?硫酸を使った理由についてもきちんと逮捕し明らかにしてほしいものです

最後までお読みいただきありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました