白金高輪駅で硫酸 犯人の名前や顔画像、場所と目撃情報まとめ

スポンサーリンク

東京都港区高輪の白金高輪駅で硫酸を持った男が20代男性の顔にかけ逃走したいうニュースが入りました20代男性は顔に火傷を負い30代女性は硫酸で足を滑らせやけどだとのことです

今回は「白金高輪駅で硫酸 犯人の名前や顔画像、目撃情報まとめ」と題して調査していきます

スポンサーリンク

白金高輪駅で硫酸をかけた犯人が逃走

24日夜、東京・港区の地下鉄、白金高輪駅で、男が硫酸とみられる液体を男性にかけ、男女が負傷した事件で、警視庁は男の防犯カメラ画像を公開した。

24日午後9時ごろの白金高輪駅の防犯カメラ画像。

白い手袋をした男の右手には、ガラス瓶が握られている。

男は、この中に入った硫酸とみられる液体をエスカレーターから降り、追い抜きざまに男性の顔面にかけるとそのまま逃走した。

男性は、顔や肩などをやけどし、「目が見えない」などの症状を訴えているという。

また、別の女性もエスカレーターをあがる際に、液体で転倒して膝をやけどした。

事件前、男性と男は、白金高輪駅の同じ改札から出たとみられているが、トラブルがあったかは不明。

東京・港区の地下鉄、白金高輪駅で硫酸をかけられた20代男性は顔や肩などにやけどを負い目が見えないと話しているようです。硫酸がもし目に入れば最悪失明の可能性も考えられます。犯人の男はガタイがよくマスクをしていたようですが、硫酸で足を滑らせた30代女性もやけどを負ったとの事です

スポンサーリンク

犯人の特徴

犯人の特徴についてメディアでは

年齢:40代~50代

身長:175㎝

服装:黒色のポロシャツにズボン姿で野球帽に白いマスクを着用

逃走経路:詳しい逃走経路は不明ですが、北の方に逃走
と伝えられています

犯人の顔画像は

犯人は硫酸の入ったガラス瓶を持っており現在も逃走を続けているとの事です

犯人の目撃情報では服装は黒一色で野球帽をかぶり白いマスクをしているとの事

地下鉄白金高輪駅には多くの防犯カメラがあると思うので今後、解析をし犯人を割り出して言って欲しいものです

白金高輪駅 硫酸男目撃情報・メディア情報まとめ

ネットの反応

とりあえず今日明日くらいには捕まるだろうけど。
外に出すべき人間ではない。
薬品を人間にかけるなんて、人間のすることじゃない。
牢屋にずっといれておいて。
硫酸は劇薬指定なので、通常は一般人は買えないし、所有も出来ない。
なので、どこからか盗んだか、硫酸を使う企業で働いているかだと思う。
何れにせよ、直ぐに犯人は分かると思います。ただ、これは傷害ではなく殺人未遂だと思います。
これ前の記事でも顔に目掛けて、とは書いてたけど
目が見えないって失明の可能性もあるでしょ
20代で光を失うって、殺人と同じだよ
軽い罪では終わらせないでほしい
個人的な憂さ晴らしか。被害者はたまったもんじゃない。絶対捕まえてほしいし入手経路も明らかにしてほしい。
タイトルとURLをコピーしました