笑福亭仁鶴の自宅はどこで家には息子と嫁は?現在とパーキンソン病は?

スポンサーリンク

落語家の笑福亭仁鶴さんが17日亡くなったというニュースが飛び込んできました

笑福亭仁鶴さんの死因は骨髄異形成症候群だったそうですが、17日に自宅で死去したそうです

仁鶴さんは84歳と高齢ですが自宅には息子さんやお嫁さんはいたのでしょうか?

今回は「笑福亭仁鶴の自宅はどこで家には息子と嫁はいたの?現在の暮らしぶりは」について調べていきます

スポンサーリンク

笑福亭仁鶴の自宅は?

吉本興業のピンチを救い、ドラマ化されたこともある笑福亭仁鶴さん

多くのお笑い芸人から尊敬されていた笑福亭仁鶴さんですが自宅が気になります

どんな家に住んでいたのでしょうか?

調べてみると、笑福亭仁鶴さんの自宅は大阪府豊中市にあるようです。

笑福亭仁鶴さんほどの大物になると東京などでもお仕事する機会多く、東京にも自宅がありそうですが、大阪の家だけです自宅には奥さんの永隆子さんの他にお弟子さんも多くいたようなのでかなり大きく立派な家だと想像できますね

スポンサーリンク

息子や嫁はいるの

笑福亭仁鶴の自宅はどこパーキンソン病の噂と現在の生活は

笑福亭仁鶴さんは1967年に吉本新喜劇で活躍していた永隆子さんと結婚されています

仁鶴さんは芸人でありながら女遊びや外に愛人を作るような事はせずお嫁さん一筋だったそうです

自宅にはお嫁さんの他にお弟子さんが多く出入りしていました

インターネットで調べると「笑福亭仁鶴 息子」と出てきますが息子さんはおらず2人の間に子供はいませんでした

2017年には結婚50年目となる記念すべき年にお嫁さんの岡本隆子さんが亡くなります

死因は発表されていませんが同じ年に愛弟子の笑福亭仁勇さんも亡くなりお通夜や告別式にも出席できないほどに憔悴していたんだそうです

笑福亭仁鶴の現在(2021)の暮らしとパーキンソン病の噂は

パーキンソン病と噂されたのは「バラエティー生活笑百科」を2017年5月27日放送回を欠席したことが理由のようです

吉本興業は体調不良のため欠席しますと発表していましたが、笑福亭仁鶴さんは以前から手の震えや呂律が回らないということがあったそうです

パーキンソン病は脳に異常が発生し身体の動きや機能を障害を与える病気です。笑福亭仁鶴さんの死因は骨髄異形成症候群とあり血液系の病気です

おそらく症状が似ているせいでパーキンソン病の噂が広がった者と思われます。

笑福亭仁鶴 プロフィール

名前:笑福亭仁鶴(本名:岡本武士)
生年月日:1937年1月28日
身長:165㎝
体重:58㎏
出身:大阪府大阪市生野区
事務所:吉本興業

笑福亭仁鶴さんは高校生の頃レコードで落語を聞いたのがきっかけで落語家になる夢を持ち始めます

素人時代にはお笑い番組などに出演し、テレビプロデューサーにも才能ありと思われていたようです

1962年、6代目笑福亭松鶴に弟子入りします。当時は落語になるには弟子入りしなくてはならず1年後3代目林家染丸からの紹介で芸能事務所へ所属します(当時多くの人は松竹芸能所属だったんだそうです)

当時は落語ブームという事もあり笑福亭仁鶴さんはグングン頭角を見せバラエティ、ドラマ、映画、舞台などに出演します

現在のラジオ番組の原型を作ったのも仁鶴さんと言われ

「オーサカ・オールナイト夜明けまでご一緒に」(ラジオ大阪)

「ABCヤングリクエスト」(ABCラジオ)

は伝説なんだそうです

NHKで放送された「バラエティー生活笑百科」では30年にわたり司会を務めレジェンド級のお笑い芸人が出演し仁鶴さんは多くの芸能人から慕われ尊敬されていました

心よりご冥福をお祈ります

タイトルとURLをコピーしました