木下雄介 ワクチン接種と死因の因果関係 種類や副反応が気になる

スポンサーリンク

8月6日に訃報が届いた中日ドラゴンズの木下雄介投手。ワクチンを接種5日後に倒れ意識がなかったんだそうです。

この報道を見た多く人からは木下雄介さんのあまりの若さでこの世を去り残念がる声が多く上がっています

そんな中、

木下雄介さんが接種したワクチンと今回の死因に因果関係はなかったのか?
ワクチンの種類や副反応が気になるとの声が!

木下雄介さんのワクチン接種と死因の因果関係と種類や副反応について現在発表されている情報をもとに調査していきたいと思います

スポンサーリンク

木下雄介 ワクチン接種後8日で意識不明 死因は?

木下雄介さんが亡くなったのは8月3日の事。ドラゴンズのホームでもある愛知県で息を引き取りました。

木下雄介さんは6月28日に1回目のワクチンを接種し8日後の7月6日に名古屋市にあるナゴヤ球場で練習中に突然意識を失ったとの事です

その後名古屋市内の病院は救急搬送されますが意識は無く、ファンの間でも心配する声が・・・

しかし8月3日に容体が回復することなく亡くなられてしまいました

木下雄介は27歳。ワクチンを打ち、8日で意識不明で倒れられています
現在、木下雄介さんのワクチン接種と死因、因果関係などの説明はされておらず、特に10代~30代の若者たちから不安の声が上がっているようです

スポンサーリンク

木下雄介 ワクチン接種と死因の因果関係

木下雄介さんがワクチンを接種したのは6月28日の事。その8日後にナゴヤ球場の2郡練習場で倒れられていますが死因と因果関係についての説明はまだなされていません

ワクチンを接種後1日、2日は副作用があると言いますが8日後です

ワクチンとの因果関係などの発表はされていませんが、木下雄介さんは連日かなり、ハードな練習をされていたとの報道もあるようです

デイリー新潮の記事によると、木下雄介さんはワクチンを接種した時あまり時間をおかずにハードな運動をされていたようです

これにより「心臓周辺に問題が発生し、その影響が脳に及んだ」との見方も

厚生省では新型コロナワクチンQ&Aの中で、「ワクチンを受けた当日は、激しい運動や過度の飲酒などは控えましょう」と呼びかけていることからも、もしワクチン接種と死因の因果関係がないのならばきちんとした丁寧な説明が必要となってきますね

木下雄介 ワクチンの種類や副反応が気になる

木下雄介投手が摂取したワクチンですが中日新聞の報道によるとモデルナであるという事が明らかになっています

中日の首脳陣、選手、スタッフらが16日、バンテリンドームで新型コロナウイルスワクチン接種の説明会に参加した。親会社の中日新聞グループで職域接種が始まることを受けて開催。ワクチンはモデルナ社製で、希望者は1軍が21日、2軍は28日、2回目は7月に接種する見通し。12球団でワクチン接種の具体的スケジュールが公になるのは初めてだ。

中日ドラゴンズの選手や監督、コーチ関係者はほぼモデルナを接種しているようです

モデルナの副反応には若者が心臓に炎症を起こし重篤な状態になることがあるようです

引用元:https://www.mhlw.go.jp/content/10601000/000816272.pdf

これは木下雄介の報告症例でやはりモデルナを接種し8日経った後に意識を失い症状名は心肺停止とあります

因果関係については評価不能とありますね

実際若い人たちからするとここが一番気になる部分でもありますし政府にはきちんと丁寧な説明をしてもらいたいものです

タイトルとURLをコピーしました