丸岡いずみ 子供がハーフの理由と代理出産での費用はいくら卵子提供者は?

スポンサーリンク

丸岡いずみさんが有村昆さんと離婚したニュースが飛び込んできましたが過去に代理出産をし話題になったのを思い出しました

子供の親権は有村昆さん側が持つという事ですが、代理出産までして授かった子供なのにと思うとかなり複雑な思いでしょう

丸岡いずみさんの子供がハーフと言われる理由と代理出産にかかった費用はいくらだったのか?卵子提供者などについて調べていきます

スポンサーリンク

丸岡いずみの子供がハーフの理由

丸岡いずみさんの子供がハーフと言われる理由ですが代理出産したことが理由のようです
有村昆さんも丸岡いずみさんも日本人なのでハーフが生まれる率は0なのですが卵子提供者がロシア系の女性から卵子を提供され生まれました

丸岡いずみさんは2012年に有村昆さんと結婚し妊活などを始めますが2度の流産などもあり中々懐妊できなかったんだそうです

不妊治療をしていく中で2016年に代理出産を決意し卵子提供者のロシアに在住の女性と知り会い2018年に代理出産をし子供さんを授かりました

当時、ネットなどでは「代理出産してまで子供が欲しいのか!」など心無い声が多く上がっていましたが丸岡いずみさんの旦那有村昆さんは
情報番組「ミヤネ屋」に出演し「出産後に代理母の方と会いました。ほんっとに、ハグして…丸岡もわんわん泣いて…」と涙ながらに話していました

丸岡いずみさんも当時、自身のブログで

突然の報告となり申し訳ありません。

私事で恐縮ですが

この度、私たち夫婦の凍結受精卵を用いた

海外での代理母出産で

2018年1月3日(現地時間)に

3400グラムの

元気な男の子が生まれました。

2012年より不妊治療を開始、

6年の歳月の中で様々なことがありましたが

周りの多くの方々の協力を経て、

我が家へ赤ちゃんを迎えることが

できました。

我が子に対面した時の感動は

言葉では言い表せないほどのもので、

夫と共に大泣きしてしまいました。

今後は、精一杯の愛情を注ぎながら

母親としてまた人として子供と共に

自分自身も成長していければと

考えています。

代理母出産に関してはもちろん

様々なご意見があると思いますが、

今後も子供の成長を温かく見守って頂ければ

幸いです。

と書いていました

それが有村昆さんの不倫で子供とは別れ別れに、親権は有村昆さんが持っていますしすごくつらい目にあった丸岡いずみさんがかわいそうに思えてきます

スポンサーリンク

丸岡いずみ 代理出産費用はいくら

丸岡いずみさんがおこなった代理出産ですが費用はいくらかかったのでしょうか?

日本では基本、代理出産というシステムは認められていない為、丸岡いずみさんも海外の女性に卵子提供を受け始めたようです

代理出産にかかる費用ですがアメリカなどでは1000万円から2500万縁と言われています

実際には卵子提供者を仲介人と呼ばれる人物が代理母を探し準備をしその期間は1年以上もかかるんだそうです

提供された受精卵を凍結保存しかなりの時間を要し慎重な作業が必要に

今まで代理出産をしたのは、丸岡いずみさんと有村昆さんだけじゃなくプロレスラーの高田延彦さんと向井亜紀さんも2003年に代理出産し双子の男の子を設けました

丸岡いずみ 卵子提供者は誰

丸岡いずみさんの代理出産で卵子を提供した女性ですがロシア人という事しかわかっていません

恐らく卵子提供者は卵子ドナーに登録していたと思われます

名前やどんな容姿の人物かなどは明かされているのか?

丸岡いずみさんと有村昆さんはもしかしたら知っているかもしれませんんが外野の私達には知りえない領域です

まとめ

今回は丸岡いずみ 子供がハーフの理由と、代理出産での費用はいくらなのか。卵子提供者は誰なのかについて調べてきました

女性としてはとても勇気のいる代理出産。日本では認められておらず当時はかなりのバッシングにあったようです

ハーフで生まれた子供さんも現在3歳。代理出産の高額は費用は有村昆さんが出したと思われますが、不倫して離婚なんてあんまりですね

丸岡いずみさんのうつ病再発も心配ですしどうかまたあの素敵な笑顔を見せてほしいですね

タイトルとURLをコピーしました