林璃菜子 Wikiプロフィール 高校はどこ?京都大学飛び級の集中勉強法

京都大学医学部に飛び級で入学した林璃菜子さんという女性が今話題です。

林璃菜子さんは高校2年生で京都大学医学部を受験し見事合格し入学したとの事

林璃菜子さんの経歴や高校はどこか?勉強法などを調べていきます

スポンサーリンク

林璃菜子 Wiki風プロフィール

名前:林璃菜子

年齢:17歳

出身:名古屋

大学:京都大学医学部

高校2年の時に京都大学を受験し飛び級で合格するってスゴイですよね
林璃菜子さんですが実はすごい経歴の持ち主なんです

数学甲子園2017年準優勝(2018年、2019本選出場)

国際地理オリンピック日本委員会(JGeO)2018本選出場、2021年銀賞

ESO’2019年,’2000年本選出場

JChO2019年銀賞

国際化学オリンピック(IChO)2020年トルコ国旗銀銀メダル

数学オリンピック 国内大会(JMO)2020本選出場

全国物理コンテスト 物理チャレンジ!(JPhO)2020年銅賞

国際物理オリンピックとは(IPhO)2021年代表候補

国際生物学オリンピック(JBO)2020年本戦出場

数理の翼໒꒱ 40th

ELCAS2020(エルキャスとは2008年に京都理学部でスタートした高校生のための体験型学習講座)

英検1級

なんか凡人には英検1級くらいしかわかりらないんだけど凄く頭がいいんだろうなぁというのは分ります

京都大学医学部の偏差値は日本でもトップクラスのレベルです。

そもそも林璃菜子さんのように高校2年生から誰でも受験することが出来るのでしょうか?

京都大学に飛び級受験する条件とは

林璃菜子さんのように京都大学を飛び級で受験するにはかなり厳しい条件あります

京都大学を出願するだけでも国際科学オリンピックに日本代表で世界大会に出場者など・・・ちょっとわかりませんがざっくり言うと

・国際科学(数学、物理、化学、生物)オリンピック日本代表

・英検1級並みの学力

・頭のいい学校でトップクラスの成績

化学の知識や技能を高校生が競う「国際化学オリンピック」の日本代表として、60カ国・地域の若者が参加する世界大会に出場し、銀メダルを獲得。「特色入試」として同学部が2016年度入学の試験から設けた資格を満たした。

と言ったところでしょうか?

スポンサーリンク

林璃菜子の高校はどこ

林璃菜子さんの通っていた高校は南山高校女子部です。名古屋では有名な中高一貫の進学校で南山高校男子部もあります

偏差値は68くらいで毎年東京大学、京都大学、慶応義塾大学への受験合格者を多く出しています

林璃菜子さんが通っているのは南山高校女子部です

南山高校名古屋市昭和区隼人町17番地

スポンサーリンク

林璃菜子の勉強方法は集中力が続く限り

林璃菜子さんは塾には通わずひたすら自宅で勉強をしていたようです。勉強のコツはズバリ「集中力が続く限り机に向かう」です

勉強すると集中力ってすぐ切れてしまいますが物理など化学式が好きなんだそう。

やはり勉強でもスポーツでも好きなら苦にならないんですね。

ネットの反応は

塾通いせずに。京大医学部飛び級入学なんてずば抜けてるよな…浪人したってよほどの才能があってものすごく努力しないと入れない>京大医学部に飛び級で入学 集中力が続く限り机に向かう
こういう集中力が持続するというのは持って生まれた才能のような気がする。 私など、集中力散漫でダメダメです(*^^*)
化学への情熱 うん、飛び級京大医学部、すごいね、というだけの話ではない (ひと)林璃菜子さん 京大医学部に飛び級入学した
塾にも行かず 凄いですね 想像が付かないです

まとめ

今回は飛び級で京都大学医学部に入学した林璃菜子さんについて調べてきました。

南山高校は確かに名門校ですがまさか高校2年で京都大学医学部を合格ってスゴイですよね

しかも受験するにもいろいろ条件があるのに・・・

飛び級で大学に入学したという事は同級生は1個上ですね。どんな大学生活を送るのか?楽しみですね

タイトルとURLをコピーしました