山田真貴子が患っていた病気(大病)は?退任、逮捕の可能性がヤバい

総務省と菅正剛さんとの違法接待で国会で苦しい
答弁を繰り返していた山田真貴子さん

そんな中、「飲み会を断らない女」に関しての質問に

「2度ほど大病し、最近そういったことは
なかなか難しい状況だ。」と話した山田真貴子さん

大病とは何なのでしょうか?病名が気になります

また今後、退任や懲戒解雇の可能性についても調べてみました

スポンサーリンク

山田真貴子 プロフィール

名前:山田真貴子

年齢:60歳

出身:東京都

高校:東京学芸大学附属高等学校

大学:早稲田大学法学部

現職:内閣広報官

※速報で山田真貴子氏が辞職し入院したというニュースが飛び込んできました
入院先の病院や病名、退院はいつかなどをまとめたので興味のある方はコチラから

山田真貴子 入院先の病院はどこ?辞職理由が病気悪化って病名や退院はいつだよ

女性初の内閣広報官に抜擢され菅総理の記者会見などを
取り仕切る山田真貴子さん

父親も国家公務員で山田真貴子さんが大学3年の時に亡くなり
葬儀の時に多くの同僚や上司などがかけつけたそうです

父親がやっていた仕事などを聞く中で
山田真貴子さんは国家公務員になることを決意したんだそう

速報で山田真貴子さんが辞職を決めたそうですが
夫の吉田博史さんは総務省の官僚になるようです

山田真貴子の夫吉田博史の経歴と子供の年齢 実家の父親がスゴイ人だった

早稲田大学を卒業後、郵政省へ入省します

山田真貴子さんが郵政省に入省したころ、時代は完全に
男性社会です。女性差別なんて当たり前の時代にどう戦い抜いて
行くのでしょうか?
そんな山田真貴子さんですが若い頃はどんな女性だったのか顔画像などを
調べてみました
        ↓   ↓   ↓
スポンサーリンク

山田真貴子の経歴

昭和59年 4月郵政省採用
昭和62年 7月郵政省大臣官房文書課(留学:ロンドン大学大学院)
平成 6年 7月郵政省大臣官房国際部国際政策課課長補佐
平成 9年 7月郵政省大臣官房人事部人材開発課調査官
平成11年 7月文部省学術国際局学術情報課学術情報基盤整備推進室長
平成13年 1月文部科学省研究振興局情報課学術情報基盤整備推進室長
平成13年 7月総務省総合通信基盤局電気通信事業部料金サービス課
電気通信利用環境整備室長
平成15年 6月総務省総合通信基盤局総務課調査官
平成16年 2月世田谷区助役
平成19年 4月世田谷区副区長
平成19年 7月総務省総合通信基盤局国際部国際政策課長
平成20年 7月総務省情報通信国際戦略局国際政策課長
平成21年 7月総務省総合通信基盤局総務課長
平成22年 7月総務省大臣官房会計課長
併任 大臣官房会計課予算執行調査室長
平成23年 7月総務省情報通信国際戦略局参事官(国際競争力強化戦略担当)
平成25年 6月経済産業省大臣官房審議官(IT戦略担当)
併任 商務情報政策局付
平成25年11月安倍内閣総理大臣秘書官
平成27年 7月総務省情報通信国際戦略局長
平成28年 6月総務省大臣官房長
平成29年 7月総務省情報流通行政局長
令和 元年 7月総務省総務審議官(国際)
令和 2年 7月退 職
令和 2年 7月総務省顧問
令和 2年 9月辞 職
令和 2年 9月内閣広報官

女性として輝かしい経歴の持ち主と言われる
山田真貴子さん

ですが、現在、立憲民主党で
元総務省経産省課長補佐の小西洋之さんは決して
女性官僚として出世の道を歩んでいた感じではなかったと
話しています

山田真貴子さんが注目されたのは2013年第2次安倍政権の時
女性初の総理秘書官に

それまでは、飲み会を絶対断らない女として
大物議員や官僚に気にいられる女性としての処世術を発揮

今でこそ、ジェンダーなど差別発言はNG
オリンピックの森会長もこれで辞任されました

しかしこの時代は、女性なんて結婚して子供産んだらどうせ辞める
くらいにしか思われていませんでした

山田真貴子 家族構成 息子の年齢と学歴 大学や高校はどこ?職業も

しかし、山田真貴子さんは可愛い顔をしながら男性のように
サバサバした性格で、飲み会には絶対出席し上司や
同僚からも気にいられる存在に。

女を前面に出してくる人を苦手としていた菅総理も
山田真貴子さんを気に入っていたのはそういう所からかも
しれませんね

男性社会の中であえて飲み会などにも参加し、人脈を作ってきた
山田真貴子さん
可愛い顔とのギャップが大物議員にも好評だったそうです
しかしあんな細身で酒もう相当飲んだでしょうし健康面は大丈夫
だったのでしょうか
スポンサーリンク

山田真貴子の患っていた病気とは?

山田真貴子さんは国会答弁で

「2度ほど大病し、最近そういったことは
なかなか難しい状況だ。」と答えています

飲み会を断らずにいたという事は恐らく、相当の
酒飲み、酒豪だと推測できます

しかし、年齢と共に酒は多くの病気を引き起こしますからね

山田真貴子さんが患っていたと思われる病気は肝臓・腎臓系の病気では
ないでしょうか?

脂肪肝

・肝硬変

・急性膵炎

など。

特に急性膵炎はお酒を飲む女性にも多く、治療後
激ヤセする症状が見られます

山田真貴子さんは現在60歳ですがかなり痩せられており
病気が関係している可能性もありそうです

退任、懲戒解雇はいつ?逮捕の可能性は?

山田真貴子さんの退任、懲戒解雇の可能性ですが
国会に出席され更に濃厚になったという専門家の意見も

7万4千円以上もおごって貰っていた東北新社と
菅正剛さんとの会食で

・会食をしている時に菅正剛さんがいたことは知らなかった

・横並びだったのでお話もしていない

・誰がいたかもにわかに覚えていない

菅総理の長男、菅正剛さんについてはかなりあいまいな答弁でした

山田真貴子さんは会食前に利害関係者かどうか
チェックしなかったのか?と聞かれると

・つまびらかには覚えていません

なぜこの時自分でお金を這わなかったのかという
質問には

・心のゆるみでございました

その他にも東北新社と計38回も2016年から飲み会をしていた
総務省との利害関係や働きかけはないと話しています

しかし結局のところ肝心なところは何も話さずに「覚えていません」などと
言い発言をごまかすところを見ているとやはり内閣広報官として
このままやっていちゃダメでしょとの声が多く上がっているのも事実です

このまま、山田真貴子さんを退任させるなりしないと菅政権の
支持率は20%台にまで落ちかねません

また、菅正剛さんと総務省の接待問題は菅総理の存在が大きいのは
明白です

今後、週刊文春から決定的な証拠動画や音声などがあった場合
逮捕者が出る可能性も大いに考えられます

これだけの騒動を起こしておきながら内閣広報官は続けたいと言い張る
山田真貴子さん。菅総理も反省しているしきちんと謝罪したんだからと
続投を認めています。
しかし謝罪した側が問題じゃなく、謝罪された国民がどう判断するのか
山田真貴子さんがしたこと、発言したことを許せるのか、許せないのか?
その審判を下すのは山田真貴子さんや総務省側じゃなく国民では
ないでしょうか?給料の10分の6を返納したくらいじゃ多くの人は納得しません

まとめ

今回は山田真貴子さんの病気や退任、懲戒解雇についてまとめました
口では反省していると言いながら説明責任を果たしていない
山田さん。

このまま幕引きという訳には恐らくならないでしょうし国民の感情的にも
退任、辞職は免れないのではないでしょうか?

山田真貴子さんに関連する記事はコチラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました