『頭脳王』河野玄斗がやらせでオセロでAIに勝利に視聴者舐めんなよ

スポンサーリンク

日本テレビで放送された『頭脳王』で
東大医学部の河野玄斗さんがオセロでAIとの対戦
やらせがあったと話題になっています

頭脳王と言えば前もやらせ疑惑があった番組
河野玄斗さんがオセロでAIに勝ったのも故意に
仕組まれたものなのでしょうか?

スポンサーリンク

『頭脳王』河野玄斗の優勝がやらせと言われる理由とは

まずは、なぜ河野玄斗さんが『頭脳王』のオセロ対決で
やらせと言われているのか見ていきましょう

日本テレビで放送された最強の頭脳を持った日本一の
学生を決める『頭脳王』の準決勝

準決勝で出たお題は「オセロでAIに勝て」というものでした

河野玄斗さんはオセロ勝負でAIに勝利し決勝へ進出し
その後優勝しました

しかしその放送を見ていたオセロマニアから
「これどう考えても河野玄斗だけ弱い設定にされてんだろ!」
やらせ疑惑が拡散されたようなんです

おのれのプライドを賭け真剣勝負で『頭脳王』の対戦に
のぞんだ出演者たちにももしこれが本当なら怒り心頭でしょうね

スポンサーリンク

京大の首席、上木のオセロのAIは鬼設定だった

優勝賞金100万円を手にした河野玄斗さんですが同じ
オセロ対決でAIに負けた京大経済学部主席の上木さんが
悲しく映っています

これがもしやらせなら上木さんも納得いかないでしょうね

そもそもオセロ対決のAI設定も鬼設定と激甘設定なら
全くフェアじゃありませんね

というか、そんなやらせが実際行われてたなら
この「頭脳王」に出演者全員がガッカリです

『頭脳王』河野玄斗対AI(オセロ)対決動画

河野玄斗がAIに勝つ瞬間 頭脳王 オセロ

京大の上木さんはAIが2石損のみの鬼設定
河野玄斗には14石損してくれる甘々設定で明らかに
やらせ臭が漂っていたようですね

頭脳王のリハーサルでもこんな設定だったのか?
突如変わったのか?

気になるところですが一つ言えるのは今さら

「これちょっとやらせ疑惑があるんで河野玄斗さん
優勝賞金返してもらっていいですが?もう1回頭脳王最初からやるんで」

とは言えないという事

もう100万円は河野玄斗さんのものだし、やらせだなんだと言われても
100万円は河野玄斗さんのものです

もしかしたら兄弟の上木さんが・・・と思っても河野玄斗さんの
100万円です

『頭脳王』河野玄斗がやらせで視聴者舐めんなよ

確かにこれが事実なら視聴者をなめまくってますね

『頭脳王』河野玄斗がやらせ疑惑にネットの反応は

これ観てて思った。AI もコンピューターもくそも関係ないって。先手 (黒) が絶対に有利で、初手で自陣 (黒が多い左か上) に展開しておけば負けは有り得ないって。観ていてつまんないから別のことしてたら AI が負けてて「え!」ってこれ観てて思った。AI もコンピューターもくそも関係ないって。先手 (黒) が絶対に有利で、初手で自陣 (黒が多い左か上) に展開しておけば負けは有り得ないって。観ていてつまんないから別のことしてたら AI が負けてて「え!」って
「6面以下のオセロは既にコンピューターで完全解析済み」ということを知っていれば、人間が勝つ時点で「あ、八百長やっとるな」ということが判るわけだけど、番組側の志が想像以上に低くて震えますね
なんちゃってAIを本気で信じる人もいるんだろうな
でも、頭脳王って称号で競える人達は、不自然さに気付いたはずだよね
凡人テレビマンに騙されてる哀れな天才を演じるのって辛くないのかしら?
観ていましたが、さすがに白必勝の局面からスタートだと思っていました…。黒必勝の局面であれば、プレイヤーを先手にしてAIは最善手のみを打たせる設定にすべきでは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました