auのpovo(ポヴォ)はいつから?デメリットやトッピングは?対応機種も

スポンサーリンク
スポンサーリンク

KDDIのauからpovo(ポヴォ)という新料金プラン
発表され話題をよんでいます

auのpovo(ポヴォ)はNTTドコモの「ahamo」や、
ソフトバンクの「SoftBank on LINE」よりも500円安く
大手キャリア3社で最安値プラン

ですが、料金プランやトッピング、デメリットなども
気になるところです

今回はauのpovo(ポボ)はいつからなのか?
デメリットやトッピング・オプションなどについて
調べていこうと思います

スポンサーリンク

auのpovo(ポヴォ)料金プランとトッピング内容

auの新料金プラン「povo(ポヴォ)」は
【月間データ容量20GB】で2480円

データ容量はドコモやソフトバンクと同じ条件ですが
1回5分までの話し放題が500円のオプション(トッピング)
申し込みが必要です

つまりドコモの「ahamo」ソフトバンクの「SoftBank on LINE」
のように5分話し放題を使うには新たにトッピングする必要が
あります




auのpovo(ポヴォ)基本料金プラン・データ容量・音声通話

月額料金 2,480円(税抜)
別途ユニバーサルサービス料がかかります
月間利用可能データ容量 20GB
利用可能データ容量超過後の速度 送受信時最大1Mbps
音声通話 ■「SMS(1通あたり3円)」、(0570)(0180)などの他社接続サービス、(188)(189)の特番、番号案内、衛星電話などへの発信は対象外

■5分をこえる国内通話は20円/30秒

オプション
トッピング内容
  • データ使い放題 24時間

    : 200円/24時間

  • データ追加 1GB

    : 500円/1GB

  • 5分以内通話かけ放題

    : 500円/月

  • 通話かけ放題

    : 1,500円/月

auのpovo(ポヴォ)と他社との違い

auのpovo(ポボ)と他社との大きな違いは
1回あたり5分以内の国内通話無料が標準であるかないかです

通話無料を付けてしまった場合、ドコモやソフトバンクと同じ
料金プランになってしまいますが必要ないという人にはお得ですね
※auスマートバリューや家族割は使えません

auのpovo(ポヴォ)の特徴

povoの特徴として無料通話を使わなかった場合の
料金が最安値となりますが他にトッピングがあります

トッピングはオプションと同じ意味なのです

トッピングはオンラインで簡単に使いたいメニューを追加できる機能で

例えば、オンライン会議やZoom飲み会、長時間の映画を見たいときなど
20Gじゃ足りないと思えば「データ使い放題 24時間」へ200円で
変更が可能になります

またトッピング内容は3月以降多くの機能が追加されるので
用途によって簡単に変更できるのもpovo(ポヴォ)の大きな
特徴の一つです

povoのデメリット キャリアメールや5G対応は?

povoのデメリットとしてキャリアメールの提供がないこと
トッピングでの提供が期待されましたが今の時代ニーズがあまりないという
理由で無くしたとの事です。

また、5G対応するのは2021年の夏に予定してるので一定期間は
5Gが使えないというのも使う人によってはデメリットになりそうです

※3Gには対応していません

povoで使える機種

povoは3月当初数ヶ月はSIMのみの契約になります
今後、ユーザーの要望を聞き入れ柔軟に対応していくんだそうです

■povoで使える機種は

①SIMロックを解除する

②SIMフリーのスマートフォンを購入する

povo対応機種の購入はオンラインでの販売はされておらず
店舗で購入する必要があります

povo対応機種の購入の際は、KDDIのサイトで案内される動作確認機種を
確認が必須です

povoはeSIMにも対応してるの?

povoではeSIMにも対応する予定との事です。

eSIMに関しては随時、詳細が案内されます。

povoの料金や特徴、トッピング・対応機種まとめ

・月額2480円

・データ容量20GB

・オンライン専用

・5分かけ放題は+500円(+1500でかけ放題)
・データ追加は1GB+500円
・データ使い放題24時間は+200円
・キャリアメール無し
・eSIM対応

まとめ

今回はauのpovo(ポヴォ)についてご紹介しました
povo(ポヴォ)はまだ発表されたばかりですがかなり
評判がいいみたいです

あまり必要ないサービスは排除されてて
自分がいるサービスをトッピングできるのも良いですよね

今後、3月の開始に向け新たな発表がありそうですし
povoの今後に注目しましょう




コメント

タイトルとURLをコピーしました