ロンブー田村淳がおでんは手抜き 嫁の料理の腕前と批判の声

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんが「グッとラック!」で
「おでんは切って入れるだけ」という発言に
かなり批判の声が上がっています

そんな中、田村淳さんのお嫁さんの料理について
夕食におでんを出したら手抜きって思われるって
お嫁さんがかわいそうとの声も

田村淳さんのおでんは切って入れるだけ発言について
調べていきます

スポンサーリンク

田村淳のおでんは手抜き発言と批判の声は

まずは田村淳さんの発言についてなのですが
「グッとラック!」の中でおでんは切って入れるくらいの
感覚で手の込んだ料理とは思えないと発言

これに主婦層はふざけんな!ってなったわけです

田村淳の言い分

「僕が『グッとラック!』の放送中に、家でおでんが出されたら
『あぁ母ちゃん忙しかったんだな』って思う」
「まぁ、そんなに手が込んだ…とは思えないですね。もう、切って入れるくらいの感覚なんで。またこんなこと言うと、『おでん舐めんな!』って人はいるでしょうけど、僕の感覚としてはそうです」

淳さんは実家でおでん食べたことを話したしたようですね

でも、おでんって結構大変だと思うんだけどなぁ

だって、大根むいて、卵をゆでて皮むいて
こんにゃくゆがいてとか色々

「今日は寒いからおでんにしたの」って
お嫁さんが言って

旦那さんが「今日忙しかったんだ、おでん簡単だもんね」
なんて言われた日に怒りもMaxになりそうですが・・・




山口県でおでんは手抜き料理?

とはいえ田村淳さんの実家がある山口県
もしかしたら県民性って言うのもあるのかな?
と思い調べてみました

もしかしたら、山口県では切って入れる簡単料理
という見識があるかもしれません

大根とか皮もむかずに食べやすい大きさに切るだけなのでは?と
思ったので

「山口県 おでん」数件で調べてみたところ
いや・・・まぁ・・・普通です

山口県でのおでんの主要レベルは普通でした

切って入れるだけというのは淳さんの独特な
価値観だったようです

 

田村淳の嫁 料理にプレッシャーは?

おでんで手抜き料理って言われると

田淳さんのお嫁さんは大変なんじゃない?と思われる方も
いるのではないでしょうか?

おでんよりよりも簡単にできる鍋料理なんてやろうものなら
「今日どうしたの?なんか忙しかった?」なんて
言われたら毎日大変です

鍋のもとに豆腐やお肉、白菜、ネギなどを入れようものなら
それこそ切って入れるだけの料理になりかねません

田村淳さんのお嫁さんは元モデルの西村香那さん

結婚するときに西村香那さんは「もし田村淳さんが浮気したら?」
という質問に
「それは私が至らなかったのかったのかな?と一緒に反省します」
とかなり尽くすタイプにも思えてしまいます

できた芸人の嫁って感じですね・・・

田村淳の料理の腕前は

田村淳さんは自分で料理好きと豪語しています

もしかしたら料理のスキルがめちゃくちゃ高くて
おでんなんて「俺から言わせればチョチョイのチョイさ」
っていうレベルかもしれません

自身のユーチューブチャンネルでも料理の腕を
披露していますがどのくらいの腕前なのでしょうか?

ロンブーチャンネルの中で料理をされている動画を
見てみると

・焼きそば

・骨付きラムステーキ

・フレンチトースト

この中で淳さんが野菜を切っているのは玉ねぎくらいで
他は切ってある状態のものをフライパンや鍋に入れています
料理に対してこだわりがあるというのは伝わってきますが
包丁を使ったスキルはまぁ普通って感じです言ってしまえば日曜日にお父さんがたまに
こった料理を家族に披露するって感じでしょうか?

動画のネタにするためにわざと発言したのでは?との
疑惑も持たなくはないですね毎日、家事や料理をしている主婦から言わせてもらうと
おでんなんて切って入れるだけなんて言って欲しくないですね

田村淳 おでん批判の声

人それぞれの価値観だからおでんは手抜きって思ってもいいけど
夫に実際言われたら絶対キレる
自分の料理に相当自信があるのかな?それとも実家の料理が
かなり雑だったのか?
お嫁さんに同情しちゃうな
実際ちゃんとしたおでんを自分で作ってから言って欲しいわ
料理通ぶるのは勝手だけど動画見る限り、たいしたことないぞ
などなどの声が上がっています

まとめ

今回は田村淳さんが朝の情報番組で「おでんは切って入れるだけの料理」
という発言について調べてみました

淳さんの中ではご飯と一緒におでんは食べれないし
実家ではそういう位置づけだったと話しています

 

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
shortkick28をフォローする
スポンサーリンク
シーエヌエイチBLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました